高品質・低価格を実現。協進社の製品は国内、そして世界へ。

当社では下記にある加工技術を組み合わせ、難加工製品の高速生産、切削でしか製造できなかった製品の冷間鍛造化に成功しております。

技術の進化により高品質、低価格を実現し、世界各国に協進社の製品を送りだしております。

絞り加工

当社では、3段絞り、2段絞り、3段異形絞り、内外径同時絞りなどの複雑な絞り加工を行っております。

深穴加工

径に対して、穴の深さが5倍が一般的ですが、当社では8倍以上の深穴加工を行っております。

また、その際の同軸度0.1以下を実現しております。

スリット加工

割板を組み込んだ金型を使用し、独自のスリット加工を行っております。

バリの発生を最少に抑えつつ、金型の寿命を長期化させるという当社独自のスリット加工です。

異形穴あけ加工

当社では異形の穴あけ加工を重点的に行っております。

花びら形状、楕円形状などの金型に負担がかかる加工ですが、金型の寿命をアップさせることにより、低コストで製造しております。

細穴加工

穴あけ加工の一般指標は25%~75%の範囲ですが、当社では特殊な金型組み合わせにより約14%の穴あけ加工を可能にしました。

現在月200トン程度を細穴加工しております。

ギア形状加工

当社ではギア形状、スプライン形状などの加工を行っております。

金型依存が高いギア形状は、当社の強みである金型ノウハウが生きる加工になります。

割型加工

金型を分割し、金型から製品が出る時にだけ、金型が開く仕組みです。

この加工により、今まで切削加工でしか加工できなかった形状がフォーマーで高速生産できるようになりました。

コストダウンに直結する加工です。

異形形状加工

軸が偏芯、二面幅、四角といった加工を高速で行っております。

バー材からの削り出しに比べ、圧倒的なコストメリットがある加工です。